未分類」カテゴリーアーカイブ

神の愛を体験しましょう

私たち人間はどのように愛を感じることが出来るのでしょうか。赤ちゃんとして生まれて、最初に私たちは親の愛を感じます。必要な時に食事を与えてくれてオムツを替えてもらったりして感じていくのでしょう。そのうちに言葉が分かってくると、親の笑顔や言葉によってもっと愛を感じるようになります。

では神の愛を私たちはどのように感じるのでしょうか。神の愛は、私たちが毎日吸っている空気のようなものです。朝起きて空気を吸ってる時に、今日も空気があったと感謝する人は少ないですね。人間は自分勝手ですから、神の愛を空気のように扱ってしまうのです。あって当たり前だと思ってしまうのです。本来、人間は神の愛を感じるように、神は私たちを創造してくださったのです。ところが、人間の自己中心的な罪は、人間を神から離れさせてしまい、私たちを創造してくださった神の愛さえも感じなくさせてしまったのです。

神の愛を感じるために、私たちは新しく生まれなければなりません。再生する必要があるんです。ちょうど車のエンジンが故障してしまって、エンジンのすべてを取り替えるようなものです。一時的な修理では治らない状態です。ですから全部変えるのです。イエス・キリストは、私たちの心を修理してくださいます。自己中心で壊れてしまった心を修理してくださるのです。神の愛は、イエス・キリストの言葉に表れています。私たちがイエスの言葉を聴くと、私たちの心に神の愛が届くのです。

6:25 「だから、言っておく。自分の命のことで何を食べようか何を飲もうかと、また自分の体のことで何を着ようかと思い悩むな。命は食べ物よりも大切であり、体は衣服よりも大切ではないか。 6:26 空の鳥をよく見なさい。種も蒔かず、刈り入れもせず、倉に納めもしない。だが、あなたがたの天の父は鳥を養ってくださる。あなたがたは、鳥よりも価値あるものではないか。 6:27 あなたがたのうちだれが、思い悩んだからといって、寿命をわずかでも延ばすことができようか。 6:28 なぜ、衣服のことで思い悩むのか。野の花がどのように育つのか、注意して見なさい。働きもせず、紡ぎもしない。 6:29 しかし、言っておく。栄華を極めたソロモンでさえ、この花の一つほどにも着飾ってはいなかった。 6:30 今日は生えていて、明日は炉に投げ込まれる野の草でさえ、神はこのように装ってくださる。まして、あなたがたにはなおさらのことではないか、信仰の薄い者たちよ。 6:31 だから、『何を食べようか』『何を飲もうか』『何を着ようか』と言って、思い悩むな。 6:32 それはみな、異邦人が切に求めているものだ。あなたがたの天の父は、これらのものがみなあなたがたに必要なことをご存じである。(マタイ6章25節ー32節)

私たちの神は、私たちの人生を支えてくださっています。誰も自分ひとりの力で生きているのでありません。親や友達の助けがあって生きているのですが、真実はもう少し深いのです。創造主なる神に支えられて私たちは、生かされているのです。私たちの神は、地球温暖化が進んでいるこの世界においても、私たちにきれいな空気を与え恵みの雨を与えてくださいます。

さらに大事なことは、愛なる神は、私たちに必要なものをご存知であるということ。私たちは真実の神を信じて、信頼していくこと、この生き方が人間本来の姿と私は信じています。真実の神は、私たちが神に立ち返り、命の源は神にあるということに気づくように求めています。神は私たちを探して求めています。人生をやり直そうと考えている人、真理を探して求めている人を探しています。どうぞ、真実の神を信じて、真実の愛を感じてください。イエス・キリストは今あなたに語りかけています。イエス・キリストの言葉から真実の愛を感じてください。心からお勧めします。

招待状

ある日、旧い友人から結婚式の招待状が来ました。何年も会っていなかった友人からの招待状にビックリしました。それもその招待状はアメリカから来たのです。その時、私はどうしたでしょうか。当時、私はちょうど仕事を始めたところで、2人の幼い子供の世話をしながら毎日、必死にやっていました。財政的に苦しかったのも事実です。アメリカに行くための旅費を工面できませんでした。今回は結婚式にいけないことを丁寧に説明して、お断りしました。

私たちは、長い人生の中でいろいろな招待状を頂きます。レストランの無料招待券であったりしたらいいですね。結婚式には招待状が付き物ですが、お葬式の知らせも実は招待状が含まれているのかもしれません。その中で、私たちは、招待を受けるのか受けないのか、行くのか行かないかを決めます。いろいろな判断基準があるでしょう。ではイエス・キリストの招待状はどうでしょうか。

「 疲れた者、重荷を負う者は、だれでもわたしのもとに来なさい。休ませてあげよう。 わたしは柔和で謙遜な者だから、わたしの軛を負い、わたしに学びなさい。そうすれば、あなたがたは安らぎを得られる。 わたしの軛は負いやすく、わたしの荷は軽いからである。」

この招待状は、今、あなたの元に届いています。最近はいろいろな詐欺事件が多いので気をつけなければならないでしょう。見知らぬ人から招待状から来たら、まずは疑って当然です。但し、あなたの周りのお友達が招待状に応えていたらどうでしょうか。その人から情報を集めるのも一つの方法です。確かなものかを聞いてみましょう。

このホームページからこのメッセージを聴いている方の中には、私と一度も会ったことがない方が大勢いるかと思います。私がどんな人間か、どんな事をやっているのか、まったく知らないでしょう。それでも敢えて、皆様に心からお勧めしたいのです。イエス・キリストは嘘偽りを言っていません。本当の本物です。もしイエス・キリストが真実を語っていなかったら、私たちはまったく無視すべきです。なぜでしょうか。キリストは自分が創造主なる神から遣わされた神の子であると言っているからです。これが嘘であれば、キリストは人類始まって以来の大嘘つきになります。どんなに良い事を言っている人でも嘘をつく人は、私たちをだまそうとしているからです。もし信じたら、最終的にだまされるからです。そんな人を信じる必要はありません。

しかし、もしキリストが真実を言っているとしたらどうなりますか。これは大変なことになります。あなたの人生にとって大変なことになります。キリストは、あなたを創造された方です。あなたという人間を生まれた時からずっと知っている方です。あなたの髪の毛の本数さえも知っているのです。あなたの悲しみやつらいこと、いろいろな困難もすべてご存知です。キリストはあなたの人生を助けてくださいます。キリストをあなたが心から信じて委ねる時に、あなたの心に変化が起きます。あなたの重荷をおろしてみましょう。肩の力を抜いてキリストを信頼すると、考え方が変わってきます。人生観も変わります。世界中の重荷を自分が背負っているように感じていたかもしれません。そんな方でも、キリストは助けることが出来るのです。

実は、私もそんな重荷を背負って生きていた人間です。人生の歯車が狂ってどうすることも出来ない時でした。キリストを信じたのです。この方を信じて、人生をもう一度やり直そうと考えたのです。すべての過去をすてて一から出直そうと心に決めて、自分の人生をキリストにかけてみました。何と素晴らしいことがおきたでしょうか。生まれ変わることが出来たのです。

神はあなたを愛しておられます。あなたをいつも見つめています。その愛があなたに届きますように、心からお祈りします。ではさようなら、またネットでお会いしましょう。