誰でも来れる教会にしたい

このエントリーをはてなブックマークに追加

教会とは何か?聖書の答えはキリストの体だが、実際にはそこまで成長していないのが現実です。私は教会をオープンなものにしたいと考えています。誰でも教会の礼拝に参加できる、何も束縛も感じないような教会、自由でそれでいてキリストの教えに忠実な教会になりたいと思います。キリストが建てると言った教会はそのような自由な教会ではなかったのでしょうか。キリストは来る者は拒まず、去る者は追いませんでした。私たちも同じですね。

キリストが建てた教会から離れてクリスチャン一人で生きるのはつらいでしょう。神の御心は、キリストの体である教会の中で成長していくのですから、その教会から離れて成長するのは難しいと思われます。主イエスにある兄弟姉妹が切磋琢磨して成長していくのではないでしょうか。キリストの教えを大事にしましょう。教会での礼拝を大切にしましょう。主にある兄弟姉妹のために祈り、またクリスチャンではない友人、親戚の方々のために祈りましょう。

誰でも来れる教会にしたい」への2件のフィードバック

  1. 野々垣様。

    初めまして、渋谷区初台に住んでるいる斎藤広法といいます。今年で34歳です。

    野々垣さんが管理しているブログに勇気付けられ初台の教会(城西教会)の扉を開ける事が出来ました。

    教会に行き始めてまだ一ヶ月半で、主キリストを信仰して同じく一ヶ月半ですが…

    どん底にいた僕を主キリストと野々垣さんのブログが救ってくれました。

    本当に感謝しています。

    今では毎日お祈りをして、日々聖書の勉強とイエス・キリストの教えを実践しながら仕事に励んでいます。

    聖書を読めば読むほど、この世には罪が多く罪の誘惑も多く自分もどれだけ罪人で日々罪を犯しているのかわかります。

    そして、今まで仲間と思っていた人や友達、その周りの人達が実は注意深く見なければいけない人達だったんだと気付きました。

    僕の父母・兄弟姉妹は神の言葉に従い行う者だという事を痛感しています。

    日々、自分の目の中の丸太・あるいは針を取り除く事に専念しながらも…
    親しい仲間には軽めのアプローチですが僕がキリスト教を信仰している事と福音を引用して会話をしています。

    道を踏み外し迷っていた僕を救ってくれた神と、そんな時に出会えた野々垣さんのサイトは僕を正しい道に誘導してくれました。

    機会を作って横田教会に行く日を必ず作ります。
    野々垣さんにお会い出来る事を心から楽しみにしています。

    長々と読んで頂いてありがとうございました。

    • ぜひ気楽にいらしてください。お会いできる日を楽しみに。いっしょに祈れればなお最高です。いずれにせよ主に感謝です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です