神の愛を体験しましょう

このエントリーをはてなブックマークに追加

私たち人間はどのように愛を感じることが出来るのでしょうか。赤ちゃんとして生まれて、最初に私たちは親の愛を感じます。必要な時に食事を与えてくれてオムツを替えてもらったりして感じていくのでしょう。そのうちに言葉が分かってくると、親の笑顔や言葉によってもっと愛を感じるようになります。

では神の愛を私たちはどのように感じるのでしょうか。神の愛は、私たちが毎日吸っている空気のようなものです。朝起きて空気を吸ってる時に、今日も空気があったと感謝する人は少ないですね。人間は自分勝手ですから、神の愛を空気のように扱ってしまうのです。あって当たり前だと思ってしまうのです。本来、人間は神の愛を感じるように、神は私たちを創造してくださったのです。ところが、人間の自己中心的な罪は、人間を神から離れさせてしまい、私たちを創造してくださった神の愛さえも感じなくさせてしまったのです。

神の愛を感じるために、私たちは新しく生まれなければなりません。再生する必要があるんです。ちょうど車のエンジンが故障してしまって、エンジンのすべてを取り替えるようなものです。一時的な修理では治らない状態です。ですから全部変えるのです。イエス・キリストは、私たちの心を修理してくださいます。自己中心で壊れてしまった心を修理してくださるのです。神の愛は、イエス・キリストの言葉に表れています。私たちがイエスの言葉を聴くと、私たちの心に神の愛が届くのです。

6:25 「だから、言っておく。自分の命のことで何を食べようか何を飲もうかと、また自分の体のことで何を着ようかと思い悩むな。命は食べ物よりも大切であり、体は衣服よりも大切ではないか。 6:26 空の鳥をよく見なさい。種も蒔かず、刈り入れもせず、倉に納めもしない。だが、あなたがたの天の父は鳥を養ってくださる。あなたがたは、鳥よりも価値あるものではないか。 6:27 あなたがたのうちだれが、思い悩んだからといって、寿命をわずかでも延ばすことができようか。 6:28 なぜ、衣服のことで思い悩むのか。野の花がどのように育つのか、注意して見なさい。働きもせず、紡ぎもしない。 6:29 しかし、言っておく。栄華を極めたソロモンでさえ、この花の一つほどにも着飾ってはいなかった。 6:30 今日は生えていて、明日は炉に投げ込まれる野の草でさえ、神はこのように装ってくださる。まして、あなたがたにはなおさらのことではないか、信仰の薄い者たちよ。 6:31 だから、『何を食べようか』『何を飲もうか』『何を着ようか』と言って、思い悩むな。 6:32 それはみな、異邦人が切に求めているものだ。あなたがたの天の父は、これらのものがみなあなたがたに必要なことをご存じである。(マタイ6章25節ー32節)

私たちの神は、私たちの人生を支えてくださっています。誰も自分ひとりの力で生きているのでありません。親や友達の助けがあって生きているのですが、真実はもう少し深いのです。創造主なる神に支えられて私たちは、生かされているのです。私たちの神は、地球温暖化が進んでいるこの世界においても、私たちにきれいな空気を与え恵みの雨を与えてくださいます。

さらに大事なことは、愛なる神は、私たちに必要なものをご存知であるということ。私たちは真実の神を信じて、信頼していくこと、この生き方が人間本来の姿と私は信じています。真実の神は、私たちが神に立ち返り、命の源は神にあるということに気づくように求めています。神は私たちを探して求めています。人生をやり直そうと考えている人、真理を探して求めている人を探しています。どうぞ、真実の神を信じて、真実の愛を感じてください。イエス・キリストは今あなたに語りかけています。イエス・キリストの言葉から真実の愛を感じてください。心からお勧めします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です